2019年1月16日水曜日

11月の企業物価指数から有望銘柄を考える

1月16日に2018年11月国内企業物価指数が発表となっております。





企業物価指数は景気を反映する

日本銀行が発表する国内企業物価指数とは、企業間で売買する物品の価格水準を数値化した
ものです。
一般的には消費者物価指数より卸売である企業物価指数の方が景気を反映させることが
早いと言われています。


輸出物価から輸入物価の差は長期の下落トレンド

日経平均株価との比較では国内物価指数が上昇している時の方が株価も高くなる傾向
があります。
特に輸出指数から輸入指数を引いた差が大きい時のほうが輸出企業の収益を引き上げ
平均株価の上昇します。
1988年から2014年まで輸出物価から輸入物価の差は長期の下落トレンドとなっておりました。
2018年は再びマイナスになりました。


輸出企業にとって良い事業環境

年平均の物価指数を確認すると2018年は2年ぶりに前年よりマイナスになりました。
輸出指数から輸入指数を引いた差もマイナスでした。
輸出企業にとって良い事業環境になって来ているようです。
ドル円レートの影響がかなり大きいです。



企業物価指数の上昇ピッチは低下中です。

消費者物価指数であるCPIとの比較ですと、CPIが上昇せずに国内企業物価指数だけが
上昇するときは企業がコストを価格に転化出来ずに収益が低下します。
ここに来てCPIより企業物価指数の上昇ピッチは低下してきています。



有望銘柄

品目別では、国内物価指数・輸出物価指数がプラスで輸入物価がマイナスになれば
マージンが増えることになります。11月の企業物価指数から有望銘柄はありませんでした。

FX ポータル

11月の機械受注から有望銘柄を考える

事前予想より低い前月比-1.9%

1月16日に2018年11月の機械受注統計が発表となっています。
民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の前月比が、
事前予想より低い0%となりました。




ここだけが強調されて報道されるので、全体の金額だけでは見えてこないので
機種別に内容を確認して有望銘柄を考えて見ます。



機械受注統計とは、

機種別の中分類では原子力原動機・火水力原動機・内燃機関・ 発電機・その他重電機・
電子計算機等・通信機・電子応用装置・電気計測器・風水力機械・
運搬機械・産業用 ロボット・金属加工機械・化学機械・冷凍機械・合成樹脂加工機械・
繊維機械・ 建設機械・鉱山機械・農林用機械・その他の21に分類されます。


有望カテゴリーは4カテゴリー

9月・10月・11月の3ヶ月間で、受注・販売・受注残が全て前年同月比プラスの項目は
内燃機関・電気計測器・風水力機械の3つでした





有望銘柄

11月の機械受注の結果からの有望銘柄はありません。

           FX ポータル

懐疑から楽観への期間を事前に覚えておく 待つのも相場です。




1.相場が動き始める、大事なのは何を見て判断しておくのか事前に決めておくこと。 

1月15日の東京市場では、日経平均は20500円前後で推移しています。
FXなどでは、新規ポジション取る前に予めロスカットポイントを決めておくことが重要ですが、
これはいざ動いた時になってからの判断は遅れることが多く、
ロスカットが遅れ損失を大きくしてしまうからです。
理想的には相場がピークをつける前に売り逃げたいですが、
今回の相場の転換点を何を見て判断するのか事前に決めておきましょう。










2.現在の相場の位置は、懐疑ゾーンへ

「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」という
ジョン・テンプルトンの有名な相場格言です。
1月15日現在の相場がどの悲観・懐疑・楽観・幸福感のどの位置にあるかですが、
懐疑に入ったと考えてます。
信用取引の売り残はプラスで買い残はマイナスです。






3.信用取引残の確認の仕方

東京・名古屋の二市場の信用取引残高は前週末分が火曜日の夕方に発表となり、
日本経済新聞の水曜日の朝刊で確認出来ます。
さらに松井証券は自社の顧客の信用取引残高を毎日公表しております。
まさにビックデーターで毎日判断出来るので有効なデーター ですが
「松井証券 評価損益率」と検索するだけで見ることが可能です。

信用取引の売り残は、買い方と売り方の買い残・評価損益率を見ることにより判断できます。松井証券の201314日からのデーターを見ると評価損益率は買い方は-27.67%9.49%
推移し、売り方は、1.84%-25.92%で推移します。
買い方が上昇すれば売り方が下落し、買い方が下落すれば売り方が上昇する逆相関の関係です。買い方のピークは、2013514日で日銀の異次元緩和の後で、
9日後の523日には急落したバーナンキショックの少し前でした。
売り方のピークは、2016212日で、中国の経済に対する懸念と原油価格の下落で
チャイルショックを呼ばれましたが、まだこの時の強烈な下げは記憶に新しいです。

買い残と売り残の合計が13日前の合計より、+10%以上が過熱圏で、-10%以下が底値圏です。




過去データーから判断すると、1月15日の評価損益率の買い方の-15%と売り方の-6%は売られ過ぎです。

過去の例ですと
買い残のピークは20131230日で第一次アベノミクス相場が終わりました。
売り残のピークは、2015529日で、ITバブルの高値を抜けた相場はその後下落に転じて行きました。
この時は高原状態が何日が続いたあとの減少だったので判断しやすかったのではないでしょうか。
買い残のピークは相場のピークを付けた後におとづれる傾向があり、
売り残のピークは相場のピークを付ける前におとづれる傾向があります。
買い残は相場のピークを付けた後にナンピンで買い下がってしまうの増え、
売り残は売り方が投げ始めると減少し、その時に相場がピークを付けるからです。

4.懐疑から楽観への転換は、買い残の上昇で判断。

相場から売り逃げたいと考えるのであれば相場のピークの前で確認の取れる売り残の
推移を見ておくことが有効です。
売り残の13日前のとの差を横軸に、買い残の13日前のとの差を縦軸においてみると
反時計回りに推移します。11月9日現在の売り残はプラスに転換しました。
相場は悲観の領域で8日間で通過したあとに懐疑に入りました。

悲観の期間は、2018年  4月から5月で30営業日
          2018年  7月から8月で20営業日
        2018年  9月から10月で25営業日
        2018年  11月から12月に24営業日
ということで、1ヶ月以上続くことを覚えておきたいです。

5.待つのも相場

株価はまだV字回復して行く状況ではないので、待つのも相場かと思います。

2019年1月11日金曜日

11月の家計調査から有望銘柄を考える




11月の家計調査が1月11日に公表されています。
家計調査の内容から有望銘柄を考えます。




日本の家計調査は長期下落トレンド

日本の家計消費は、勤労者世帯の比率の減少もあり長期下落トレンドです。
年ベースでは2011年がここ最近のボトムとなっています。


12月平均は4ヶ月連続上昇

月度で見ると12ヶ月平均は6ヶ月月連続で上昇です。最近では2012年を底として2014年の消費税の5%→8%の増税までが増加でした。






消費水準指数では交通・通信が弱い

2015年を100とした消費水準指数では家具・家事用品が強いです。








有望銘柄

11月の家計調査から有望銘柄はありません。

    FX ポータル

2019年1月10日木曜日

経済統計から1月のFXで狙う通貨を考える





ドルインデックスの12月末は11月末と比較して下落して97レベルです。
IMMの投機ポジションはドルインデックスは買いポジションが減りました。
円のポジションは円売りポジションが減少しました。
投機筋は12月はドルを売りました。 

円・ドル・ユーロ・ポンド・豪ドルの中から、ここから狙える通貨をを考えます。



まずファンダメンタルズですが為替に影響に与える要因が一般的に5つあります。

景気・金利・貿易収支・戦争テロ・インフレの5つです。
10月5日から11月5日までの経済指標をチェックして見ました。

1つ目は、景気でGDP成長率がプラス基調を○、横這い△、マイナス基調を×とすると、
円:
×、ドル:×、ユーロ:×、ポンド:、豪ドル:× となります。

2つ目は、10年金利から物価上昇を示すCPIを引いた実質金利のアメリカの実質金利との
差である実質金利のプラス縮小を○、横這い△、マイナス基調を×とすると、
円:
×、ドル:ー、ユーロ:、ポンド:、豪ドル: となります。

3つ目は、貿易収支でプラス基調を○、横這い△、マイナス基調を×とすると、
円:
×、ドル:×、ユーロ:×、ポンド:、豪ドル:× となります。

4つ目は、戦争ですが良化を○、変化なし△、悪化×とすると、
円:△、ドル:△、ユーロ:△、ポンド:△、豪ドル:△ となります。

5つ目は、インフレでCPIの前年同月比でプラス基調を○、横這い△、
マイナス基調を×とすると、
円:
×、ドル:×、ユーロ:×、ポンド:×、豪ドル:× となります。


IMM投機ポジションでは全体的にドル買いポジションが減少しました。

買いポジションのプラスを○、変化なし△、マイナスが×とすると、
円:
、ドル:×、ユーロ:×、ポンド:×、豪ドル: となります。

以上を総合すると〇の数は、円が1つ、ドルがゼロ、ユーロが3つ、ポンドが2つ、
豪ドルが2つです。
×の数は、円が4つ、ドルが4つ、ユーロが2つ、ポンドが3つ、豪ドルが3つです。

総合判断としては〇が4つのユーロを買い、×が4つのドルを売るユーロ買いドル売り
がここから狙えるポジションかと思います。





ボラティリティが上昇に備えてロスカットを入れながら取引するのがいいかと思います。



為替レートは